QGISで最近傍探索のプラグインをつくった

この記事では前回記事に引き続き、QGISプラグインをつくっていこうと思います。
ginnannman.hateblo.jp前回の予告通り、ポイントからの最近傍点を計算して出力するプロセシングをつくります。

はじめに

今回はプロセシングプラグインを作成します。理由はGUIをQt Designerで作ることが面倒だからです。2つのレイヤーを入力し、それぞれのレイヤーの入力点のフィールドを取得することさえできれば問題ないはずですし、GUIで複雑なことを仕込む必要はありません。
ということでQGISを立ち上げて、Plugin Builderを開き、適当に設定していきます。今回はClass nameをNearestPointDistanceなどとして適宜埋めていきます。Class nameだけはCamel Caseにするのがお作法と思われます。

内容

Plugin Builderで作成したプラグインディレクトリを開き、

{任意の作成したプラグイン名}_algorithm.py

の編集を行います。詳細はGithubにあげたプラグインのフォルダの通りなのでぜひそちらをごらんください。


今回は初めてのプラグインということもあり非常に冗長かつ処理の重い(割に精度の保証があまりない)実装になっています。
キモは、QgsSpatialIndexのnearestNeighborというメソッドが行っている処理が実は近似最近傍検索で高速だが精度が低い方法を採用しており、そのために最近傍が漏れてしまうことがあるという問題をいかに回避するかにありました。
近似最近傍を採用しない限り、10000程度のオーダーでも計算量が爆発してしまうことは目に見えているので、正解といえば正解なのですが、10m単位で結果がずれることがあるのでどうにかしたいという問題意識があります。
そこで、今回は簡易的にnearestNeighborで10個の最近傍候補を取り出してそこから線形探索を行い、最近傍らしいものを取り出すことにしました。今までの経験から、10個も候補を出せばだいたいの場合で正しい答えにたどり着けることがわかっていたのでこの方法を採用しました(本当はこれを定式化するなりアルゴリズムを読み解いて実用的な精度であることを示すなりしなければならないのですが割愛します)。精度が気になる方は近似最近傍検索の個数を増やすように書き換えるか、そもそものメソッドを書き直すなどして新たにプラグインを作成してみてください。
注意点としては、元ネタのQGISのコアプロセシング、距離行列(distance matrix)とは異なり、入力レイヤーと出力レイヤーは異なるものである必要がある、複数個同じ距離の点があった場合に対応していないなどの甘い点があります。
このような場合も精度の高い処理をしたい場合はご自身でプラグインを作成されることをお勧めします。

ということで完成したプラグインがこちらです。ZIPでダウンロードして追加するのが一番簡単かと思われます。ただし、私は信頼できる人間かわかりませんし、私が仕込んでいなくても何かある場合もありますから、責任は負いかねることをご承知おきください。バグ報告などはGithubにお願いします。

github.com

ということで簡単なご報告でしたが、これからもぼちぼちプラグインをつくっていけたらと思います。

QGISでプラグインをつくりたい!

この記事は冗長な記述がみられます。この記事自体も冗長です。目次を見て必要な情報に飛ぶかブラウザバックしてください。このタイトルは大言壮語的です。この記事内でプラグインを実際に作ることはありません。

また、筆者の環境はWindows10、QGIS 3.10.14 & 3.16.3です。

 

はじめに

この記事の位置づけや新規性について説明します。

世の中には無数のQGISQGISプラグインに関するサイト・ページがあります。多くの記事はよくできており、筆者のような初心者がその劣化コピーを書いても仕方がありません。よってこの記事は参考になる記事へのリンクを集成する、「QGISプラグイン展望」としたいと思います。とはいえ全部の記事を網羅することは不可能で見落としも多々あると思います。そのような場合はぜひ筆者におしらせください。随時更新したいと思います。

展望記事なので新規性はあまりありません。残念!

QGISとは?

QGISオープンソースで開発されているGIS(Geographic Information System:地理情報システム)です。WindowsMacOSLinuxAndroidに対応しているフリーのGISソフトとしては最高峰のものといえるでしょう。

GISとは……?とか、GISまわりの事情についてはインターネットにたくさん情報があるので割愛します。

qgis.org

QGISプラグインとは?

QGISプラグインは大きくわけて2種類存在します。1つ目はGISソフトとして必要不可欠なデータ管理や空間解析などの機能を担う”コアプラグイン”、2つ目は利用者が追加して利用する”外部プラグイン”です。

コアプラグインは何もしなくてもQGISをインストールすれば勝手に入っていますが、外部プラグインQGISのメニューバーにある[プラグイン]タブから導入することになります。

外部プラグインの導入方法は、2つあります。

1つ目はプラグインのおかれたリポジトリに接続してインストールする方法です。QGISとしてはこの方法を推奨しており、デフォルトの状態でQGISのオフィシャルプラグインリポジトリに接続しています。

オフィシャルプラグインリポジトリにあるプラグインで有名なものはQgis2threejsがあります。このプラグインを利用することでDEM(Digital Elavation Model:数値標高モデル、国内のデータは国土地理院基盤地図情報で公開されている)を3次元化してブラウザ用に出力できます。(実は現在のQGISのコアプラグインでDEMの3次元表現はできるのですが、このプラグインのほうが利便性が高い(といわれています))。

github.com外部のプラグインリポジトリの例としては朝日航洋株式会社が提供している「陰陽図メーカー」プラグインがあります。DEMの高低差情報を陰影で表現する機能はQGISのコアプラグイン内に実装されていますが、陰陽での表現は実装されていません。このプラグインをインストールすることで、QGIS上でできる図形表現の幅が広がることになります。

www.aeroasahi.co.jp

 

2つ目は、プラグインのZIPパッケージを読み込ませてインストールする方法です。これは、QGISが推奨する方法ではありません。インターネットの海から信頼できるものをインストールして利用することが求められています(筆者は利用したことがないため具体的なものは紹介しません)。

外部プラグインのインストール方法の手順は以下の通りです。QGISを立ち上げて、メニューバーから[プラグイン]-[プラグインの管理とインストール]をクリックするとダイアログが開かれます。QGISのオフィシャルプラグインリポジトリからインストールする場合は、[全てのプラグイン]を開き、検索窓などを利用して目的のプラグインを探しクリック、[インストール]ボタンを押してインストールします。ダイアログを閉じて、再度[プラグイン]をクリックすると、[Pythonコンソール]の下にインストールしたプラグインが表示されます。

 

余談ですが、QGISが2.xから3.xにバージョンアップした際、コアプラグインは強化されたものの、Pythonが2.7→3.6、Qtが4→5になり、後方互換性がなくなったため人々が作っていた既存プラグインの多くが使えなくなったらしいです。とはいえ、QGIS3.xは現在開発が続いており、GUIesri社の製品ほどではないにしろ直感的にわかりやすくなってきていますから、よほどのこだわりがない限り3.xをインストールするほうがよさそうです。

QGISプラグインをつくりたい!

さてここからが本題です。もしあなたが既存のプロセシングやツールに不具合を見つけたり、使い勝手の悪さを感じたり、全く新しい機能を導入したいと思ったらどうしますか?

不具合の場合は、GitHubでissueを作成して問題を指摘したり、書き直したりできるかもしれません。しかし、この方法は長い目でみてソフトを改善することには役立ちますが、手元で起こっている問題の楽な解決ではありません。また、使い勝手が悪い(例えば複数の処理を続けてやりたいとき*1)とか、今はない機能を追加したいときはとりあえずプラグインとして機能を作ってしまえばよいのです。バグ迂回するプロセシングや複雑な処理をまとめて行うものを一回書いてしまえば以後困ることはあまりありません。面倒なことはプラグインにやらせましょう。

面倒なことをやらせるといえばPythonですが、実はQGISプラグインPythonで記述できます(しかし、QGIS自体はC++で作られており、C++でもプラグインは書けます)。

PythonでPlugin開発をするメリットは

  • 日本語・英語ともにQGISプラグイン開発の資料が豊富
  • QGIS公式的にもおすすめっぽい
  • (個人的には)Pythonの話は身近で聞くので困ったときに質問しやすい
  • ArcGISで自動化したいときはArcPyというPythonのパッケージを使うらしい(のでPythonに慣れているとGISまわりでは潰しが効く可能性が高い)
  • 習得しやすい(ということになっている)らしい

などが挙げられます。

ところが私はPythonのことをまるで知りません。インターネットと英語とバトルしながら、QGISPythonプラグインを書くための勉強スタートです。

QGISPythonを使うためのドキュメントたち

ここでQGISPythonで動かす方法について参考資料を提示します。

まずQGISの一般的な操作については多くの書籍やウェブページが用意されていますが、日本語文献で一番のおすすめは、「GIS実習オープン教材」です。

gis-oer.github.io

この文献の後半に「GIS初中級者のためのPython入門」という章が設けられています。基本的なPythonの使い方がわかる……とはいえません。入門といいつつ、非常に簡素な説明ですから、必要な知識はインターネットなり書物なりを参照して理解をする必要があります。また、一部リンクがC++の公式ガイドに飛んでいたりと一筋縄にはいかないところがあるため注意して読みましょう。

英語文献では公式のドキュメントが最重要です(一部は日本語に訳されていますが、十分ではないため最初から英語を読むことを推奨します)。基本的にあらゆることが書かれており、Pythonについても例外ではありません。

docs.qgis.org

QGIS上のPythonでの開発については、上記ドキュメント内にある"PyQGIS Developer Cookbook" が最も基本的かつ強力なツールです。網羅的に追うことができる量ではないので適宜参照しています。

また、公式のドキュメントとしてはもう一つ、"QGIS Python API"に関するページがあります。

qgis.org

 このページでは、QGISで用意されているクラスに関して必要な情報が集積しています。実際にコードを書いていくときに逐一参照します。

現在のところ、PythonQGISで扱うにあたって特に必要な文書はこの3点であると思われます。また有益な情報があれば更新します。

とりあえずプラグインをつくってみよう!

それではいきなりですがプラグインを作ってみましょう。インターネット上にはプラグインを作る話がたくさんあるので、ここではあっさりと説明します。

手順は2段階です。

  1. QGIS上でプラグインを作るためのプラグインを導入する
  2. つくる

 簡単ですね!

QGIS上でのプラグインの導入

簡単にプラグインを作るために、2つのプラグインQGISオフィシャルリポジトリからインストールします(プラグインのホームページを掲載していますが、インストールはQGIS上で行ってください)。

①Plugin Builder 3 

g-sherman.github.io

このプラグインを利用するととても簡単にプラグイン作成に必要なファイルを生成することができます。難しいことが何一つなく、コードを書く必要もありません。このプラグインでは3種類のテンプレートが利用できます(詳細後述)。

②Plugin Reloader

github.com

このプラグインはとても単純です。Pythonで書かれたプラグインをリロードすることができます。プラグインの中身を書き換えQGISで動作を確認するときにいちいちQGISを再起動してプラグインを読み込む手間を省いてくれます。

この2つのプラグインがなければプラグインをつくれないというものではありませんが、楽なので楽をしましょう。

プラグインを実際につくってみる(つくらない)

ここまでの準備でとりあえずプラグインをつくることができるようになりました。それでは作っていく……のではなく、プラグイン作成に役立つページを紹介します。

Plugin Builderを利用してプラグインを作成するとき、プラグインの形態として3つの中から選ぶことになります。自動で生成されるプラグインのファイル構成もそれぞれ異なるため作業は3つに分かれることとなります。まずはじめに3つのプラグインの形態の個別のお役立ちページを紹介したのち、共通部分と注意点を記述します。

①"Tool button with dialog"を選ぶ場合

"Tool button with dialog"は一番数の多いプラグインの形態でしょう。プラグインプラグインのメニュー内に置かれ、起動するとダイアログボックスが出現し、その中で何らかの操作と処理が行われることになります。

この形態のプラグインについては「GIS実習オープン教材」内で丁寧に説明されています。

gis-oer.github.io

また、こちらのブログも参考になります。

 

chiakikun.hatenadiary.com

他にも↓のようなページもあります。

www.qgistutorials.com

管見の限り、"Tool button with dialog"が一番メジャーで、扱いやすいと思われます。また、QGISプラグインを作り方を紹介している記事のほとんどはこの方法について話しています。

②"Tool button with dock widget"を選ぶ場合

dockとは?については"Qt dock"などとググるとわかりやすいと思います。QGISでいえば、ソフトを立ち上げた際に左右にある「ブラウザ」や「レイヤ」といった、メインウィンドウに組み込まれているけれど別の領域として扱われている部分です(雑)。この部分に出てくるプラグインをつくれるということですが、おそらくこの機能はほとんど使われておらず、インターネット上でも紹介記事は見つかりませんでした。理由としては常駐させておきたいプラグインの機能はだいたいコアに実装済みだからというのがありそうですが、真実はわかりません。知っている方がいれば教えてください。

お役立ちページを書いたよという方や知ってるという方がいればぜひコメントをお願いします。

ちょっと触った感じでは1番目に紹介した"Tool button with dialog"に近いようで、注意すべき点(後述)も共通です。

③"Processing provider"を選ぶ場合

 最後に、プラグインをプロセシングとして作る方法です。これを選ぶと、「プロセシングツールボックス」内、QGISのコアプラグインの下にツールが追加されます。ツールをダブルクリックするとバッファなどのツールと同じようにダイアログが表示され、利用することができます。

この方法の解説で最もわかりやすいのは下記ページです。基本的なことは一通り押さえられています。

www.qgistutorials.com

共通部分と注意点

①、②、③と作り方を紹介しましたが、共通する基本事項と、注意点について記述していきます。

まず、共通する基本事項として、QGISプラグインのデフォルトの保存場所です。Windowsでは、

C:\Users\{UserName}\AppData\Roaming\QGIS\QGIS3\profiles\default\python\plugins

にあります。先ほどインストールしたPlugin Builderもここにあると思いますので確認してみてください。

次に注意点です。①”Tool button with dialog"と②"Tool button with dock widget"を選んでプラグインを作成する場合、Plugin Builderで作成したプラグインをそのまま動かすことはできません。

pluginフォルダ内にある"resources.qrc"というファイルをPythonに変換する必要があります。この手順については先に挙げた「GIS実習オープン教材」に掲載されているとおりに行ってください。

また、QGISをインストールした際に付属しているQt Designerを利用して、dialogやdock widgetGUIを編集することができます。Qt Designerの使い方については

gis-ops.com

このページが詳細であると思われます。

 

ここまでくればあとはプラグインの中身を書くだけです。参考に挙げたサイトを参照しながら、それぞれ必要なファイルを編集していきます。(このあたりは次回の実際にプラグインを作る話のときに書こうと思います)。

QGISPythonについては前節で挙げた2つの公式サイトを、現在あるプロセシングの改良などQGISの本体を見ながらやりたい人は

github.com

がおすすめです。

 

出来たら、先にインストールしたPlugin Reloaderを使ってプラグインをロードしなおし、実行してください。おそらく動くはずです。だめならどこかにエラーが出ます。

IDEデバッグしたい!

さて、今のままではQGISプラグインを書ける作れるといってもテキストエディタでコードを書いて目で見てエイヤ!とQGIS上でプラグインをリロードすることしかできません。開発環境でデバッグできるほうが便利ですね。ということでみなさん大好き環境構築です。なお、私の現在の環境はWindows 10 20H2・QGIS 3.10.14 スタンドアローンインストール(OSGeo4Wネットワークインストーラを利用していない)です。試した方法については試したよと書いておきますので参考にしてください。

なお、超・ド・初心者なので致命的な間違いがあるかもしれません。発見した際にはぜひご指摘ください。

以下では導入したい環境にあわせておすすめ記事の紹介します。

  1. Visual Studio on Windows10
  2. VS Code on Windows10 & MacOS 
  3. そのほかのIDE on いろいろなOS

Visual Studio on Windows10

chiakikun.hatenadiary.com

私はこの方法で環境を作りました。

QGIS3に付属のPython等を使えるようにするためのパス設定 - chiakikunのブログ

を参照して環境変数を設定したらあとは手順の通りにやるだけです。簡単。

同様のブログがこちらです。

QGISプラグインをVisual Studio 2017でデバッグする - embeddedなブログ

どちらかをみれば十分かと。

VS Code on Windows10 & MacOS

実はこの方法を一番最初に試したのですが沼ってしまい丸一日消えました。

Macに関しては2本記事があったので紹介します。

qiita.com

Debugging QGIS 3.x python plugins on OSX using VS Code · GitHub

Windowsに関してはあまりなくちょっとよくわからないといったところなのですが、

RemoteDebuggingQgisVsCode.md · GitHub

という記事がありましたので紹介します。

VSCodeでRemote Attachをする方法は、大きく2つに分かれています。1つ目は"DebugVS"というプラグインQGISに入れる方法、2つ目はデバッグしたいプラグインに直接コードを追加する方法です。今回紹介した記事のうち前者2つはDebugVSを導入する方法、最後のものが直接コードを追加する方法です。

github.com

1つ目のDebugVSというプラグインプラグイン自体に不具合があることがIssueで示唆されており、実際手元の環境でもプラグイン内でエラーが出ました。また、必要なモジュールが最新版では動かないなどの謎があります。

2つ目に関してはプラグインのソースにいちいちコードを足すのは面倒なので少し試しただけですがどうもうまくいきませんでした。

どちらの方法でも私はうまくいかなかったため、VS Codeでやることはあきらめた次第です(そもそもVS CodeってIDEではないですしお🍣)。

そのほかのIDE on いろいろなOS

 公式ドキュメントにはいろんなことが書いてありますが、どうも内容が古い部分もありそうです。

docs.qgis.org

こちらではPyscripter on WindowsEclipse on Windows、PyCharm on Ubuntu、そしてIDEではありませんがPDEの利用方法が掲載されています。しかしここではOSGeo4Wもインストールしている前提ですから気を付けてください。

 

ここまでの内容で、QGIS上で動作するプラグインを開発できる環境は準備できると思われます。ここからは蛇足です。

資料編

この節では本文中で紹介しきれなかったプラグイン作成方法の記事を紹介します。

プラグイン作成の手順に関する記事

QGIS3でpythonプラグインを作ってみた その1 ベース作成 - Qiita

QGIS3.x系向けプラグイン作成手順や各種処理の実装方法について - Qiita

QGISプラグインの開発(1) - 合同会社 緑IT事務所

意外に簡単!? QGISプラグイン開発

QGIS 3 Plugin Tutorial - Plugin development reference guide » GIS • OPS

[QGIS] プラグインを作って動かすまでの手順 │ Web備忘録

以上の記事はQGIS3系でのプラグイン開発についての概要がわかりやすく説明しています。これまでの記事でよくわからないところがあった場合、補完的に利用できる可能性が高いです。

プラグイン作成に関する書籍

Pythonではじめるマップアプリケーションプラグイン (PDF版) - dayjournal - BOOTH

読んでいないのに紹介するのは気が引けるのですが、日本語書籍でQGISプラグインを扱ったものはこれぐらいしかないと思われます。QGISの公式ページの書籍紹介欄にも載っていたので素性は確かなのではないでしょうか(無責任)。

 

次回予告

私はQGISの不具合の一つに悩まされています。

それは、プロセシングツールとして用意されている距離行列(distance matrix)で線形距離行列(N*k×3)を選択し、「計算する近傍点の個数」を1にしたとき、つまり最近傍の点を調べようとしたときに、実際には最近傍の点ではない点が選択されることがあることです。

例えば以下の写真は東京都の都市公園と鉄道駅の距離を調べた際のdistance matrixの属性テーブルです。最近傍を調べた右では上千葉砂原公園から最も近い駅をお花茶屋駅、1131.1mとしています。一方、上千葉砂原公園から日本中にある鉄道駅までの距離を計算させて短い順にソートしたものが左の属性テーブルです。ここでは亀有駅が1109.6mで最短となっており、お花茶屋駅は2番目です。また、左右を見比べてわかる通り、最近傍で計算した距離自体は間違っていないようです。

f:id:Ginnannman:20210211145344p:plain

図 右が公園から最短の駅を計算した結果 左は「上千葉砂原公園」からすべての鉄道駅までの距離を計算しソートしたもの。

これは距離行列のプロセシングにバグがある可能性を示唆する結果です。

とりあえずの解決策として、いったんある点からすべての点までの距離を測って保存し、それぞれソートすることが考えられるでしょう。また、中長期的な解決のため、GitHubでissueを作成することで開発に貢献することもできます(実はすでにissueが立っているようですが1年半以上放置されているようにみえます)。

しかし、今現在の困りに対して楽な解決策がありません。例えば今回の東京都の都市公園の数は6390個で、それぞれの最近傍駅があっているのかを手作業で確認するのは困難ですし、いちいちCSVなどで書きだしたりDBとしていじったりは面倒です。

ということで、もし存在すれば、次回はこの距離行列の問題を解決するためのプラグインの話をしようと思います。

おわりに

QGISプラグインのカスタマイズ次第、作り方次第で多様な表現・処理ができるところがとてもよいと思います。バグがあったり修正が遅かったりするのは仕方ないことですが、QGISの開発者になったり、Githubでissueを出したりして貢献することもできます。

最近はQGISのガイド本が多数販売されるようになってきており、日本語ドキュメントの少なさやまとまりのなさは解消されつつあるように思います。

将来的にはpix2pixをQGISプラグインとして実装できれば楽しいなと考えています。python2系での実装という先行事例もあるので、3系できちんと動くものを作りたいといったところです。

 

それではよきGISライフを。

www.jstage.jst.go.jp

 

*1:プロセシングを続けて処理したいときはグラフィカルモデラ―を利用することがおすすめです。

22.5. グラフィカルモデラー — QGIS Documentation ドキュメント

大学生みたいな記事

こんにちは。

 

3年の夏学期も終わったので振り返っていきたいと思います。というのも今学期はいろいろとイレギュラーだったので記録を残したいと思ったためです。人間の皆様に向けたメッセージではございません。

このブログ記事はぎんなんまんという一個人が、ある大学のある学部・学科・コースの3年次の夏学期の講義を受けた感想であって、○○大生という大きい主語ではほとんど語る予定がありません。

 

2年春学期末

3年の夏学期の話をする前に2年の春学期末の話をします。2年の春学期にはコースの必修であるところのフィールドワークが予定されており、その準備が一応一学期かけて行われていました。直前まで実施の予定でしたが、2/24に専門家会議の「見解」、2/26に政府によるイベント自粛要請、2/27の全国小中学校休校要請と動きがある中で2月末に中止となりました。今から考えれば3月に強行してもよかったのではないかという気がしますが、非常に真っ当な判断でした。

直接の影響は2月末から出ていたことになりますが、3月中は比較的平穏で入構も規制がなく学生室にも出入りしていました。人生万事塞翁が馬車馬な先輩はすでに学内のナニカに携わって忙しそうにしていたのを憶えています(でもこの先輩に関しては忙しそうにしてないときがない気もします)。井の頭線の回数券も3月半ばには購入して、定期購入まで持ちそうだなと思っていましたが期限が切れて今も手元に4枚残っています。👈4枚?

一方学部・全学の指針も3月中~下旬にかけて相次いで発表されオンラインでの講義化の流れがどんどん出てきました。その頃になってようやく本当に大変なんだなぁといった気持ちでとりあえずZoomで遊んでいました。バーチャルな背景を用意して遊んだり、顔出しを迫られても大丈夫なようにボイチェンとFaceRigでバーチャル世界の容姿を整えたりしていたのもこのころだった気がします。

 

3年夏学期

(3月末~4月末まで)

 3月の末から4月の頭はサークル*1の行事を中止にしたり、オンライン化の準備のため部屋を片付けて各種機器をセットしたりと精神的には慌ただしく、実際の行動としては何もなく過ぎていきました。4/3に入構した後は6/21にラーメン屋の閉店に合わせて学生室内の荷物を回収した時を除いて大学にはほとんど行っていません。4月当初は講義もない一方で騒がしい世間と一緒にツイッターで波風を立てていました。

講義は多少の混乱を除いて大きな問題なく進行し(主観)、オンライン化によって講義を自宅で受けられるメリットは享受しました。たまたま運よくPC周りの環境を昨年末に整備し、運よく実家で十分なインターネット環境・自室環境が存在し、運がいいのか悪いのか3年次だったためうまく乗れたのですが、一方で外出しなくなるとストレスがどんどん溜まっていきます。そのため近所の散歩を開始してある程度の知を得ました。大学関係の交友は主にツイッター、そして5日に1回開催し時々参加していたバーチャル学生室での教室の学生のみなさんとの会話で補われました。もともと人間関係が乏しかったので大きく影響を受けることはありませんでした。

 講義のオンライン化は環境面では恵まれていたものの本体がだめだったため、ツイッターとの二画面で受講、ノートはOneNoteでしょぼしょぼと取りましたが身についたものは少なく、振り返ってみると無が多かったように思います。今後も続くと思われるので集中できる環境をセットできなかったとことに敗因があるので何らかのツール導入や情報量のコントロールを図りたいですね。

 

5月~6月中旬

ここからが長かった、4月後半以降は毎週毎週同じ時間を回り続けていた記憶しかないのですが、5月中に学内のアルバイトに就いてすごい現場の裏をちょっと覗いたり、たまに散歩したりして過ごしていました。無為でした。ここらの記憶が全くないことに驚きを隠せないですねぇ。ほーんとなにやってたんだか。このころから図書館資料を郵送してもらえるようになり、興味のあった本を手元において懇ろな関係になっていました。

6月下旬~8月

7月以降はいよいよ期末になってきてレポート課題などもぼちぼちでてきたのですが、それよりも何よりもオンライン試験なるものが開催されることになってしまいまして、そこで激しく消耗しました。合併開講に巻き込まれてウェブカメラをオンにしてなんとか~みたいな試験も受けました。この話は多くの人がさんざん話題にしてきたので大きく取り上げるつもりはないんですが、生活空間と別にオンライン受講空間を物理的に有していればまだ生活にぬめぬめと大学が入り込んでくることもないんでしょうが、そんなことができるわけもなくオンライン試験のために再び環境を整えてという作業をする羽目になり、作業自体よりもそんなことのためにという感情面で面倒でした。試験はできませんでした。

世の中は落ち着いてきていたのでこのころから東京にでてバイトをしたり遊びに行ったりをし始めたんですが、数か月ぶりに人間に会うとコミュニケーションができなくなっていることに気づかされ、頭と行動が同期しませんでした。人間関係のリハビリが必要ですね(そもそも人間関係あったんですか?)。

レポート地獄というほど地獄でもないものの、資料に囲まれて死にそうになりながらレポートを書くのではなくレポートに必要なものだけ狙い撃ちして資料を収集してレポートを練るのは難しいもので、やはり大学図書館のような良質な環境は必要不可欠だなと痛感しました。資料はあればあるほど脳に効くと思うので専門書を買うなどして対応しなくちゃいけないのかな、資金力と良質な本屋が近所にあれば……と思う日々です。

おしまい

8/4現在の3年夏学期の振り返りでしたが、振り返ってみると普段と何が違うのかわからんというのが個人の感想です。もちろん大きく違うんですが、普段が遠すぎてちょっと立ち位置を見失っている気がします。そのうち、この騒動が落ち着いたらもう一回振り返ってみるといいかもしれません。

オンライン講義そのものについては個人的には環境があったので耐えられたもののこれが長期化すると頭以外の身体にも影響を及ぼしそうで心配です。オンライン試験はやるなといいたい。評価方法についてはまだまだ工夫の余地があると思いますので、部局をはじめとする関係者ご一同様が妙案を出すことをお祈り申し上げます。

 

 これからについて、どうなるのかよくわからないし総長はSociety 5.0から帰ってきませんが、とりあえず秋学期に向けて環境整備と講義の受け方を調整していきたいです。この夏はフィールドワークと旅行を行いたかったのですが、これまた諸般の事情により流れてしまったので、旅テロリズムの広がる世間とうまいこと付き合いつつそれなりの夏を過ごします。

それではまた。 

 

 

 

*1:コミアカ:https://comiaca.com/ 学部1年生から博士課程まで、仲間募集中

「おじさん(^^;リプライ」について

胎児ちゃん、こんにちは‼️ 
胎児ちゃん、
なんで、踊ってるのかな⁉️
おかあさんの、こころ💗が、わかって、
おそろしいのかな❓ ナンチャテ(^^;

 

 

こんにちは‼️

 

ぎんなんまんおじさん😅だヨ(*^^*)

 

おじさんは、ミスコンファイナリストたちに群がる、オジサンっぽいツイートを集める趣味をもってます‼️

 

とここで、決して「おじさん」全般が「オジサンっぽい」SNS言葉遣いをするわけではなく、また私が集めているサンプルはとても偏っている(具体的には大学ミスコンのツイッターアカウントへのリプライがほとんど)ためにSNS空間で起こっている事象を正確に描写されているとは言えないことに注意されたい。

 

本記事は「おじさん(^^;リプライ」についてメモ的に知見を共有することを目的としており、特段章節構成があるわけではない。どこから読んでも同じレベルの話を延々としている。まとまった話は今後1年以内にコミックアカデミーに出したい。出せたらいいなあ。

 

なぜなにおじさん(^^;のふしぎ

世の中には「各地(各大学)のミスコンを追っかける人々」がいることをご存じだろうか。もしこのブログに目を通すほど暇な方がいたら、ぜひ身近な大学ミスコンのファイナリストたちに聞いたり、あるいは彼女らのツイッターアカウントを探してフォロワーやツイートへのリプライをみたりしてほしい。

私はそのような人々のアカウントを大量に閲覧し共通点がないか探したところ、どうやらミスコンファイナリストたちにリプライを送ったりしてるのは「おじさん」ばかりらしいということに気づいた。

ミスコンおじさんの内訳としては、一部は地下アイドルを推すのが本業でミスコンにも手を出しているようである。さらに根拠がなく偏見に基づいた記述をすると、いわゆる"陽キャ"がおじさんになったタイプのミスコンおじさんも存在する*1

ミスコンおじさんが生まれる構造について。ミスコン出場者は予選からWEB投票やSHOWROOM審査などで人気を評価される。そのため、各出場者はミスコンで勝つためにSNSなどを通じて自身をより多くの人々に売り込み、投票を促す必要がある。一方のおじさん達は若い女の子が頑張ってるのをみるのが大好きなのか、いつまでも若者気分なのか、興味を持ち"推し"を決めて応援する。

その際に、出場者側はその人々が固定客になるように「媚びを売る」。例えば自身の近況をアップロードしたり、自身の戦略に合わせた情報を公開したり、さらには群がってくるおじさん達のリプライに対して反応する。よく見られるのはミスコンのWEB投票を促すツイートに対する「ポチっとしました(^^ゞ」みたいなリプライに「ありがとう💗」などと返信するものである。

 このようにしてミスコンおじさんが生まれると、おじさん達はもっとコミュニケートしたいと思うのかその候補者に入れ込んで挨拶ツイートへのリプライで自分語りめいたことをしたり、「○○ちゃんは~~なのカナ❓」などと質問したり、もっと知りたいなどとエスカレートしていく人もいる。

しかし、多くの場合学祭が終わるとミスコンのアカウントは削除・更新停止となる。するとおじさん達はそのパッションの行き場を失うことになる。

そうなったときおじさん達はどうするのか。ズバリ別の学祭ミスコン出場者へと向かう。

大学ミスコンは各地の大学で学祭のステージを最終的なゴールとして数か月かけて行われている。まるで農産物の産地カレンダーのように年間を通じて日本のどこかの大学ではミスコンが実施されているのである。そうなると、ミスコンおじさん達はいつでもミスコンを追いかけることができる。さらに、ファイナルの舞台はその大学の学祭会場となるが、それまでの過程においてはSNS上での活動が多くある。つまり、ミスコンの応援は場所によらずどこでも可能である。

こうしてミスコンおじさんは年中どこかのミスコンを追いかけるようになるのだ。

 

そもそもなぜ「おじさん(^^;」❓

 ではなぜ「おじさん(^^;」は注目に値するのか。それは先述した下心めいた部分もさることながら(傍から見ていると正直気持ち悪いものも多々ある)、SNS上の文体が特徴的であるからだ。私は言語学を全く知らないのでその方面から説明することは難しいが、フィールドワークを通じて、"おじさん(^^;らしさ"をある程度理解してきたと自負している。

おじさんらしさその①

顔文字、emojiのセンス。これはもうどうしようもないが、どうしてそうなるのかはだいぶ知見が蓄積されているので後述する。

emojiでは 🤭 🥰 😳 🤩 このあたりの単体使用、コロケーションとしては「おはよー👋😆✨🔆」のようなものがある。

顔文字では本記事内にもたくさん登場してる (^^; や (*^^*) (^O^) あたりがよくある。

注意したいのが、決してこのような顔文字emojiを使うとおじさんっぽいというわけではない。ツイートの内容との相乗効果が重要である。

おじさんらしさその②

やたらと多い改行。

 

1文ごとに改行して1行あけて続きを書くことが多い。

 

見やすいかどうかは別として印象には残る。

おじさんらしさその③

とにかく、句読点を、こまめに打つ。これについては、リプライだから、そうしている、わけではなく、単純に、癖なのカナ❓

おじさんらしさその④

ツイート本文ではなく、bio欄にも特徴がいくつかある。

1つ目は位置情報を細かく載せている場合である。例えば「大阪府 大阪市 平野区」などと詳細に位置情報を掲載しているのは、何故なのだろうか。

2つ目に挙げられるのは自分の趣味を前面に押し出してることである。例えば車好きならば、愛車の写真をヘッダにしたり、その旨をbioに書く。これだけならばふつうのツイッターユーザーであるが、そのbio欄の持ち主がミスコン出場者たちにリプライを送っているさまはなかなか強い印象を与える。

 

大まかに以上のような形態のおじさんらしさというものが存在する。もちろん、すべての"らしさ"を身に着けているヤバイ人はいないと信じているが、この特徴のどこかがにじんでいるひとがほとんどだと思われる。

おじさん(^^;らしい文章を作りたい‼️

ここまで読んだ暇人ならばおじさん(^^;っぽさをだした文章を作りたいという気持ちが1ミリ(単位は不明)ぐらいあるだろう。

実は世の中的には「おじさんがLINEやメール、チャットで送ってくるような文章」は「おじさん構文」という名前で定着している。「おじさん文章ジェネレーター」はそのような文章を自動生成するために有効なツールである。

oji.netlify.com

また、ツイッター上ではこのようなツイートがバズっていた。

両者ともに実によくまとまっているので是非参考にしておじさんらしさをめざしてほしい。

しかし、これらはいわば養殖のおじさん文章である。ホンモノ志向の方には是非ともツイッターで大学ミスコンのリプ欄を覗きに行ってほしい。

 

おじさん達はいかにしておじさん(^^;リプライを作っているのか、そのヒントは文章についてくるemojiや顔文字の入力方法にあると考えられる。ツイッターはどのクライアントからツイートしているか表示する機能があるので、それを見てみるとおじさん達はandroidiPhone版のツイッター公式クライアントを利用しているらしい。となると、おじさん達のスマホのキーボードが鍵となる。

私はソニーXperiaを使っているが、私のXperiaには"POBox Plus"というキーボードが標準搭載されている。このキーボード、なんと文字入力して絵文字に変換できる機能が搭載されているため、以下の画像のような予測変換が可能なのだ。

f:id:Ginnannman:20200209162951p:plain
f:id:Ginnannman:20200209163001p:plain

 

いかがでしたか❓ おじさんっぽさを感じる予測変換ですね。と言いたくなるような予測変換が実装されていることがわかるだろう。

POBox Plus に搭載されている顔文字・emoji予測変換はもともとはSocial IMEに登録されていたものだろうと睨んでいる(ソースはない、知っている方がいたら教えてください)が、Simejiなどとは異なり更新し続けて若者にキャッチアップしていない感がそこはかとなく漂っている。この微妙な雰囲気がおじさんらしさを生み出すのに一役買っているのではないだろうか。

 

終わりに

ここまでいろいろ書き連ねてきたが、ホンモノらしいリプライを天然モノのようにできるようになるには私も鍛え方が足りていない狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。あと20年ぐらいたつと自然なおじさん(^^;リプライをできるようになると思う。

 

 

 

*1:まれによく見るのは奥さんも子供もいる30代後半~40代前半のミスコンリプライer。子供との写真をうpしていたりするさまがみられる

油壺に出かけた話


どうもぎんなんまんです。今日出そうと思って書いてた「ここが不安だよ東京五輪」記事が諸事情で没になったので、油壺に行った時の話をまとめておきます。

 

 

 

油壺験潮場

日本水準原点については過去に当ブログでも記述しました*1

が、現在の憲政記念館構内に存在します。この日本水準原点東京湾の平均海面を0mとして水準測量によって決定されていますが、実際に水準原点の高さを点検する際の基準として用いられているのが油壺験潮場の潮位観測結果です。

京急三崎口駅からバスで油壺まで向かいます。油壺のあたりは海水浴場があるらしく、大変にぎやかな方々がお車や観光バスで乗り付けてきますがそれらには背を向けて道路沿いに少し歩くと

f:id:Ginnannman:20190813135222j:plain

こんな看板が見えてきます。海岸へ下る階段があるのでそこから下っていくとまず見えてくるのは油壺の静かな湾……の前に基準水準点が出てきます。

f:id:Ginnannman:20190813135631j:plain

草生やしすぎ

柵と植物に囲われており本体は見られなかったのですが、日本全国にわずか83点しかないとのことでかなり希少性を感じます。

 

少し下ると油壺湾が見えてきます。

 

f:id:Ginnannman:20190813143436j:plain

この写真の右手の建物が油壺験潮場の新しい施設です。

f:id:Ginnannman:20190813144653j:plain

外観は新しいためかなりきれいです。内部にはエアコンがあるようで、案内板の下に室外機が設置されています。

 

またその奥には古い験潮場施設がありました。

f:id:Ginnannman:20190813144913j:plain

この建屋は明治期から験潮に用いられていたもので、イギリス積みのレンガがよい雰囲気を出しています。平成30年には土木遺産に認定されたとのことで真新しい標識が取り付けられていました。

 

油壺の戦争遺跡

油壺験潮場のあたりを見渡すと、放棄されたと思われる桟橋があります。

f:id:Ginnannman:20190813145918j:plain

手前左が験潮場旧建屋、奥に小さい桟橋が見える

f:id:Ginnannman:20190813150049j:plain

f:id:Ginnannman:20190813150227j:plain

とても古く、小さいこの桟橋についてググったところ、以下のブログを見つけました。

hamarepo.com

このブログによると、油壺には大戦末期に水上特攻兵器「震洋」の基地がおかれており、この桟橋も震洋のためのものであったとされています。

三浦半島は隆起によってできた海岸段丘の地形で、特に油壺周辺は露頭もみられる地域です。おそらく段丘崖を利用して特攻兵器を格納していたものと思われます。

*2019/08/14追記

国土地理院の「日本の典型地形」を閲覧していたところ、油壺湾リアス式海岸とのことでした。事実誤認申し訳ありません。

地理院地図URL

https://maps.gsi.go.jp/#13/35.163190/139.607534/&base=std&ls=std%7Ctenkei_umi&disp=11&lcd=tenkei_sonota&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

 

明るい砂浜ときれいな海のまさに反対側にこのような遺跡が特に保護されたり案内されることなく存在しているということはもう少し知られてもよい事実なのではないかと思います。

 

f:id:Ginnannman:20190813153938j:plain

網代湾に面した海水浴場

おわり

ざっくりと油壺に出かけてきたよというおはなしでした。日本水準原点日本経緯度原点はすでに訪問済みだったので唯一の心残りだった油壺に行けてよかったよかった、と思いきや、東京湾の平均海面の基準となっていた場所が都内にあるため、今度はそちらを訪問したいと思います。今では埋め立ての進行で東京湾と言い張るのは無理がありそうな土地ですがまたいつかブログにするつもりです。

戦争遺跡については完全に知らなかったためかなり驚きがありました。東京湾周辺の戦争遺跡としては、以前千葉県の大房岬*2にある大房岬要塞跡は行ったことがあるものの、油壺はかなり簡素な印象でした。

それではまた。

日本水準原点と日本経緯度原点に行ってきた

 どうもぎんなんまんです。

 

今回は測量の日関連行事の一つとして行われた日本水準原点の公開と、その足で行った日本経緯度原点の話題です。

 

まず測量の日についてですが、下画像の通りです。関連行事は公益社団法人日本測量協会のホームページに掲載されています。

http://www.jsurvey.jp/sok.htm

 

f:id:Ginnannman:20190522214142j:plain

測量の日を前に日本水準原点御開帳

 

1.日本水準原点

有楽町から歩いて30分ほど、中央官庁を横目に国会議事堂の正面で右へ曲がったところにある憲政記念館の中庭に日本水準原点はあります。余談ですが国会議事堂の前は修学旅行の学生と警備の警察官や衛視だらけ、日本水準原点周辺はジジババと国土地理院職員だらけで大変居心地が悪かったです。なお職質童貞は守り抜きました。守りたいものを、守れる人に。

人垣がなければあまり目につかない雰囲気の小規模の建物(明治期の建築物らしい。菊の御紋と大日本帝国の文字が刻まれている。)でしたが、前の蓋が開けてあり、その中に日本水準原点がありました。正直に言ってクッソ地味でそれだけ見ても情報量はゼロです。基準なんてそんなもんという感じではありますが。

f:id:Ginnannman:20190522214937j:plain

 

上の画像の白い部分が水晶でよく見ると真ん中に入っている赤い横線が日本水準原点らしいです。この石は地下10mの砂岩層に基礎があり、明治期に作られて以来、補修はされているものの本体部の取り換えのような工事はされていないとのことでした。

東京湾の平均海面を験潮所で測り、測量をリレーのようにしてここまで来てずれがないか毎年確認しているとのことで、立地理由は武蔵野台地の端である程度安定した地盤であり、陸軍参謀本部の敷地で陸地測量部があったからだそうです。伝聞調の理由は国土地理院職員さんの説明受け売りだから、であります。

 

f:id:Ginnannman:20190522221138j:plain

小さいが相当に権威を感じさせる建物

実は日本水準原点周辺には複数の水準点があります。一つは電子基準点東京千代田で、日本水準原点と同じ地盤に基礎があり、毎秒測量しています。ほかには、一等水準点甲、乙、丙、丁、戊が日本水準原点を囲むように存在していますが、これらは日本水準原点が不測の事態に遭遇した時のためのサブです。

 

 

2.日本経緯度原点

さて、標高の基準を見たら緯度経度の基準を見たくなるのが人間の性です。欲にまみれた私は港区の麻布台にある日本経緯度原点へ向かいました。ロシア大使館の近く、アフガニスタン大使館の指呼の間にで迷ったため、職質童貞を奪われかけましたが何とか貞操を守り抜き、無事到達しました。アフガニスタン大使館に向かって右、アメリカンクラブの左にある草が生えてる空き地に日本経緯度原点はあります。

f:id:Ginnannman:20190522223348j:plain

ギャップ(物理)萌えした

日本水準原点とは比べ物にならないほど雑で手入れされてない空き地でした。土管転がしておけばドラえもんとかのび太君が生えてきそうな感じです。

f:id:Ginnannman:20190522224551j:plain

真ん中のちっちゃい丸いのが原点

逆張りクンなので裏から回り込んで撮ったのしかないのですがこんな感じ。台座は立派ですが周りが本当にひどくて笑えます。

 

3.おわりに

f:id:Ginnannman:20190522224929j:plain

約束タワー

スタァライト、それは、星の光に導かれる女神達の物語。ぶつかり、いさかい、すれ違いながらも結ばれていく絆。

 

 

 

東京モノレール羽田空港線散歩

ぎんなんまん(ぎんなんまん (@Ginnannman) | Twitter)です。

前回(色が変わるとブログを書くらしい - おじさん(^^;の戯言)からだいぶ時間がたってしまったが*1、今回は散歩の記録を付けた。

 

1.経緯

 実は地元の千葉都市モノレールは歩き潰しをしたことがあった*2ため、今回次なる目標を探していたところ、東京モノレール羽田空港線というちょうどよさげな路線が見つかった。

 ゴールデンウィークなにもしないのもいいけどなんかしてみるのもいいと思ったので軽率に連休最終日、5月6日(月)に実施した。

 

2.概要

 東京モノレール羽田空港線についてゆるふわな説明をすると、浜松町駅羽田空港を結ぶ跨座式こざしきモノレールである。営業キロ17.8km、駅数11駅で、浜松町から羽田空港第2ビルまでを最速18分で結ぶ、京急のライバルとされる。詳しいことを知りたい人は下記リンクを参照されたい。

東京モノレール羽田空港線 - Wikipedia

東京モノレール:企業情報>会社概要

 

3.本題

 ここからは各駅間について雑記コーナー。GPSでとったログ等の記録は4.結果にまとめて記載してあるが、ここでは写真を交えながら雑感を記述する。

 

 1.モノレール浜松町天王洲アイル営業キロ4.0km) 

f:id:Ginnannman:20190506204215j:plain

JR浜松町駅構内

 のっけからJR浜松町駅山手線ホームに立つモノレールの橋脚。

f:id:Ginnannman:20190506204659j:plain

モノレール浜松町駅外観

外から見るとこんな感じ。空港に行くのにわくわく感とかそういうものを一切感じさせないところは嫌いじゃない。

f:id:Ginnannman:20190506205113j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205138j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205157j:plain

この距離の近さに大興奮

f:id:Ginnannman:20190506205207j:plain

橋脚までえっちである。

f:id:Ginnannman:20190506205253j:plain

東京モノレール羽田空港線首都高速1号羽田線東海道新幹線回送線、東海道貨物線の立体交差

f:id:Ginnannman:20190506205315j:plain

歩道から数メートルの距離に高電圧線がある。

f:id:Ginnannman:20190506205328j:plain

ああっ天王洲アイルお嬢様…

 ひたすらにモノレールと地図をにらみながら歩くこと約1時間、天王洲アイルお嬢様の御御足駅のもとへ到着。階段を昇ってビルの回転ドアを押しまた昇るとお嬢様のご尊顔駅に着いた。

f:id:Ginnannman:20190506205343j:plain

天王洲アイルお嬢様の美貌に惚れた
 2.天王洲アイル大井競馬場前(3.1km)

f:id:Ginnannman:20190506205358j:plain

ベストアングル

 天王洲アイルをでるとしばらくはモノレールは京浜運河上を通るので平行して進む。大井競馬場前の手前の堤防沿いから再びモノレールと合流した。

f:id:Ginnannman:20190506205422j:plain

駅によって雰囲気がだいぶかわる

 割とサクサクと大井競馬場前までついた。

f:id:Ginnannman:20190506205439j:plain

この角度だと”東京モノレール”という感じである

f:id:Ginnannman:20190506205454j:plain

か、かっこいい!!!
 3.大井競馬場前~流通センター(1.6km)


 駅間距離に注目してほしいのだが、浜松町~天王洲アイル天王洲アイル大井競馬場前までに比べて格段に短距離である。が、いかにも湾岸な大規模公園や工場、物流倉庫が目立つようになりなんとなく市街ではない雰囲気も感じられる。

f:id:Ginnannman:20190506205516j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205519j:plain

鳥いるかな?→人がいたありえない話し

f:id:Ginnannman:20190506205532j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205552j:plain

巨大倉庫もある中にしょぼい建物、それが東京モノレールクオリティ

京浜運河沿いに抜けられるかな?と思ったができず引き返したり、なんとなく腹減りの気配がしてきたりしつつも流通センターへ。正体を現したな、という感想がでてきそうな流通センター駅である。

f:id:Ginnannman:20190506205607j:plain

文学フリマ東京流通センターで行われていたが涙のスルー
 4.流通センター~昭和島(1.2km)

 首都高速1号線に沿うようにわずかな距離ではあるが昭和島を目指し出発。

f:id:Ginnannman:20190506205623j:plain

やはり近い

 すると金網フェンスの向こうにモノレールの基地が見えて興奮

f:id:Ginnannman:20190506205650j:plain

軌道端!車庫!地上!

 興奮している間も自転車に乗った野球少年らに追い抜いかれたがそんなのは知らないとばかりに写真撮影に励んでいたら昭和島駅についてしまった。

f:id:Ginnannman:20190506205657j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205708j:plain

どんどんしょぼくなる。隣には昭和島総合センター。
 5.昭和島~整備場(1.9km)

  実はこの散歩においてもっとも苦痛でもっともグッときたのはこの区間であった。詳しい移動経路は後述のGPSログを見るとわかるが、直線的に移動することが不可能で大回りを強いられた。さらにお昼時でおなかが空くものの近隣に店はなく、コンビニは通り過ぎてしまうなどトラブルに見舞われた(最後は自業自得この企画自体自業自得)。

 しかし、この経路でとてもかっこいい橋があったので紹介したい。それは首都高の羽田可動橋である。なんとこの橋、水上にある橋の中央部でぱっくり割れて回転することで大型船の航行を可能にした世にも珍しい(?)橋なのである。語彙力不足で説明が伝わらないと思うので実際の画像をみてほしい。

f:id:Ginnannman:20190506205750j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205755j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205806j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205823j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205834j:plain

f:id:Ginnannman:20190506205844j:plain

羽田可動橋。橋をぶつ切りにしたものが此岸と彼岸に見えるが、これがぐい~と回ってくっつく!(らしい)


 どうだろうか?こんな巨大な構造物が動く光景を見られたらとても興奮しそうではないか!

 ……ところが、である。この橋、実は現在稼働を停止していて再び利用されることがあるのかわからない。首都高の将来的な交通量増加を見越して保存されているようだが、果たしてその日は来るのだろうか?

 

 興奮さめやらぬまま歩みを進めるとANAの建物、続いてクロネコヤマトの巨大な建築物が見えてくる。

f:id:Ginnannman:20190506205903j:plain

この写真を撮った10秒後くらいに転んだ

 「クロノゲート」という中二病っぽいネーミングセンスをわらうツイートをしようとした瞬間に転ぶなどという悲劇を乗り越えて、環八通りへ出た。さすがに空腹に耐えかねて近くのラーメン屋に凸、塩分に苦しみながら散歩を再開した。

 

f:id:Ginnannman:20190506210107j:plain

穴守橋

 穴守橋に来るとすぐそこに羽田空港があり、穴守橋自体も航空機をモチーフにしたデザインでテンションが上がった。ここを渡り右折すれば天空橋駅なのだが、今回の目的は歩き潰し、あえて左に折れ、整備場へ向かった。

f:id:Ginnannman:20190506210156j:plain

ち、近すぎる!

f:id:Ginnannman:20190506210208j:plain

f:id:Ginnannman:20190506210220j:plain

冗談みたいに最低限の構造

 簡素すぎて、整備すべきはこの駅じゃないの?といいたくなるような整備場駅へ到着した。

 6.整備場~天空橋(0.8km)

f:id:Ginnannman:20190506210231j:plain

空港っぽい

 来た道を戻り天空橋へ向かう。

f:id:Ginnannman:20190506210255j:plain

天空橋駅はなんか立派

あっという間である。

 7.天空橋羽田空港国際線ビル(1.4km)

 いよいよ本格的に羽田空港に侵入ということでうきうきが止まらなくなりつつも立ち入り禁止エリアに気を付けながら行動を開始。出鼻をくじくように鳥居と大量の張り紙に出会った。

f:id:Ginnannman:20190506210305j:plain

唐突感しかない立派な鳥居。

f:id:Ginnannman:20190506210310j:plain

平和の日が一日である必然性はないのだが、すごい

 気を取り直してどんどん行く。道なりにすすむだけである。

f:id:Ginnannman:20190506210325j:plain

空港に入るドキドキ(すでに敷地内)

 テープで運輸省の字を消した跡もあり歴史を感じながらの散歩。だんだんと中心部に近づいてきた。

f:id:Ginnannman:20190506210349j:plain

f:id:Ginnannman:20190506210343j:plain

いきなりヒコーキ

 すぐそこにドーンと飛行機がある日常が広がっており足早にターミナルへ向かった。

f:id:Ginnannman:20190506210416j:plain

f:id:Ginnannman:20190506210408j:plain

二か所別の階に改札がある。ホームは同じ高さ。

 8.羽田空港国際線ビル新整備場(2.1km)

 警備員や警察官の目から逃れるようにして*3さっさとターミナルから脱出して新整備場駅へ向かった。

f:id:Ginnannman:20190506210427j:plain

とってものどかな光景だが羽田空港

f:id:Ginnannman:20190506210444j:plain

空港だぁ

 滑走路下の長いトンネルを通って出るとJALのメンテナンスセンターなどがあり、身分証を首から下げた人々が行き交うのが目立ってくる。

f:id:Ginnannman:20190506210504j:plain

f:id:Ginnannman:20190506210510j:plain

さりげなーく滑走路脇に出入口がある

 まるで地下鉄の入口のような新整備場駅入口である。

 

 9.新整備場羽田空港第1ビル(0.8km)

 ここから先は関係者以外立入禁止を避けて移動した。再三になるがGPSのログでどういう移動かぜひご確認いただきたい。初見でクリアできたのは割と運が良かったと思う。

f:id:Ginnannman:20190506210540j:plain

f:id:Ginnannman:20190506210531j:plain

国内線第1ターミナル

 残すは第2ターミナルのみとなった。

 10.羽田空港第1ビル~羽田空港第2ビル(0.9km)

 ターミナル間の移動もモノレールの線に沿ってやろうとしたら、なぜかだいぶ遠回りになってしまった。

f:id:Ginnannman:20190506210606j:plain

羽田空港を感じて

f:id:Ginnannman:20190506210619j:plain

ほんとはこの橋を渡りたかった

 高速道路が貫通するように走っていることで歩行者の道が三次元移動になっており見通しがきかないことは不安でもあったが無事に着いた。

f:id:Ginnannman:20190506210630j:plain

f:id:Ginnannman:20190506210639j:plain

終点

 

4.結果・感想

 結果は昼食休憩込で6時間10分、31.8kmであった。また、GPSの記録については下記リンクを利用してほしい。

2019年05月06日 08時57分41秒 on gpx2kml.com - Free online gpx to kml converter

 全体的に平地がほとんどであり肉体的困難さには欠けるが、周囲の環境はオフィス街から倉庫物流、低層住宅街など変化にとんでおり素晴らしいものだった。また、空港へ徒歩で行けるのでぜひやってみてはどうだろうか。また、今回撮影した橋名板についてはいつか取り上げたいと思う。

  誤字脱字やこんなところ歩くと楽しいよなどの情報があればコメントいただけるとありがたい。

5.最後に

 天王洲アイルお嬢様が気になって仕方がないのだがもしかして、恋?

 

















 





 

*1:ブログっぽい

*2:五月祭でコミックアカデミーの合同誌に顛末をまとめた文章が載ります!!!みんな読んでね💛

東大生オンリー同人誌即売会 コミックアカデミー公式HP

*3:悪いことはしてません